水素ガス吸入の効果

水素水を飲み始めて、もう何年たっただろうか。水素は「飲む」から「吸入」する時代になってきた流れですね。

スポンサードリンク



水素を体内に取り入れるのは、「吸入」「飲用」「浸透」がありますが、呼吸「吸入方法」で水素を取り入れるのが直接摂取で確実に効果があるようです。「水素ガス吸入で約3分」ぐらいで体内に行きわたると各医療機関でデータでも出ているようです。

水素商品を選ぶ大切なポイント

水素関連商品は今では沢山出てきています。私も随分前から水素関連商品を購入しました。今思うと信じ切って直ぐに購入してしまい。後悔したものもあったりと、良く見て選ぶのが大切と思います。泡が出たからといって水素かわからないし、水素濃度を測る機械だっていい加減なものもあるでしょうし、疑いだしたらキリがないでしょうね。

簡単なポイントをあげてみましたので参考にしてみてください。

水素ガス吸入時の水素ガス濃度をみる。

○水素水飲用時の水素水溶存濃度をみる。

○第三者機関で水素濃度が証明されていること。

○機能性とコスト、高額が良いとは限らない。

○購入後のメンテナンスも安心。

水素水や水素ガスは安全とは言われていますが、メーカーによっては、わからないので、病気治療中や妊娠中の方、医師より水分摂取を制限されている方は必ず医師に相談してください。

スポンサードリンク



私の場合は知人の勧めもあり、ダブル水素ボトルを購入しました。水素濃度などの実験を見せてもらい、納得して購入できたので良かったです。もったいないけど以前購入したのは、もう使えませんね。

DSC_0372

私も昨年秋頃から、毎日水素ガス吸入を摂りこんでいます。初めて使った時は、驚き!頭スッキリ、目覚めスッキリ!やみつきになりました。睡眠の質も良くなり、ほぼ毎日水素ガス吸入をしています。お肌にもハリ、ツヤ、効果的!

水素ガスとはいえ、やっぱり本当にこのブクブクした泡は水素か?と疑いながら本物かを調べないと、世の中にはいい加減が多すぎます。しっかりと安心な物を水素濃度など確認して使いたいものです。

水素ガス吸入効果

著者 久保 伸夫氏 「水素ガス吸入のススメ」より抜粋

○乳酸の生成を水素が抑える

○運動前の水素ガス吸入で疲れ知らず! 水素ガス吸入によって活性酸素を抑えることで疲労の軽減が期待できます。疲労そのものを抑え疲れにくい状態に出来ることがわかった。

○「筋肉痛にならない」という現象も炎症を抑える水素の働きによるところが大きい。水素は炎症を起こした細胞に働きかけ、炎症を鎮めてくれます。

○水素ガス吸入によって鼻の粘膜に水素が拡散すると、アレルギー性の炎症を抑制することもできます。

○活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけることが、多くの持病の原因になっていることがわかっています。水素ガス吸入は、そんな活性酸素を還元し無害化することができます。

○肌のくすみやシワ、シミなども、活性酸素が関係していますから、水素ガス吸入によって体の内側から活性酸素を還元していけば肌トラブルも有用でしょう。

○鼻から吸入した水素ガスは拡散によって、眼や脳といった周辺器官にも広がっていき、そこで高い抗酸化力を発揮してくれます。水素ガス吸入は鼻やのどはもちろん、頭部全体に作用を及ぼしてくれるのです。

久保伸夫先生の本から抜粋しました。何より体験が一番です。

【ネットニュースより】

水素ガス吸入、厚生労働省の「先端医療B」に追加
http://www.this.ne.jp/news/detail.php?nid=783
「水素ガス吸入」が先月9 日、厚生労働省の先端医療Bに追加され、心肺停止後症候群を対象とした
臨床研究がスタートすることになった。水素ガスの臨床研究を国が認めた格好で、業界にとっては
水素の効果に対する裏付けにも繋がる事例として注目される。

詳しくは健康産業新聞第1611号(2017.1.4)で

「鼻の名医」と言われているクリニック院長、久保伸夫氏も水素ガス吸入による効果などYouTubeで説明されていました。お医者様の言葉はわかりやすくて安心出来ますね。

DSC_0373

「水素ガス吸入のススメ」の本も出されました。詳しく説明されているので、とてもわかりやすいです。

スポンサードリンク