目元のたるみの原因と効果的なセルフマッサージ方法

目元のたるみで悩んだことはありませんか?もちろん一番の原因は老化ですが、目を酷使してパソコンやスマホで長時間見ていても、目の周りの筋肉の疲れや衰えも原因の一つです。

スポンサードリンク



老化の原因の一つに眼窩脂肪と言う目の下の皮膚がたるんで膨らんで、それが影になってくすみやクマのように見えてしまうのです。ヒアルロン酸やコラーゲンなど、水分を保持する役割の物質が減少して肌のハリが失われていくのです。

顔や目がたるむと言うことはその上にある頭皮のたるみもあるのです。上から頭皮マッサージをお風呂の中でもいいので、毎日少しづつ頭皮のケアもお勧めです。ぼーとしていた目元もスッキリしてくることでしょう。

de88cccba552231c75a0eb28ec68a6ea_s

上から頭皮がたるみ、おでこにシワが寄り、瞼や目の周りがたるみ、頬の筋肉までたるむと自然とほうれい線が出来てしまいます。一部だけたるむと言うことはなく上から徐々に落ちていく訳です。

顔と頭皮は一枚皮で繋がっているので、頭皮を柔らかくしてお顔のリフトアップに心がけて見てください。

ですから美容室での頭皮ケアや頭皮洗浄もとても大切なメンテナンスです。頭皮のマッサージをしたうえで、目元を引き上げる眼輪筋を鍛えるとお顔全体が上がることになっていきます。

頭皮ケアや足の裏のマッサージ、ウォーキングや身体を冷やさないように血行が良くなると肌の調子が良くなりたるみにくくなります。

スポンサードリンク



美顔器よりも自分の手のハンドパワー

365986

頬の筋肉を引き上げるとほうれい線が目立たなくなります。目元を引き上げる眼輪筋は目元からこめかみ、頬の中央まで広がっている筋肉なのでなるべく動かしてみましょう。

目を開けたり閉じたりしてギュっと数秒力を入れたり緩めたりするだけで、瞼のはれがスッキリします。血行も良くなるのでお勧めです。

自分の手のひらを使って、瞼を上げ気味に目元のハンドプレスが効果的です。

お風呂上りに、化粧水で保湿の際に手の平を有効に使いましょう。自分の手からのパワーを信じゆっくりとパワーを注ぎましょう。

23cc60a496bc310dc5dbf027bd14cd67_s

効果的なマッサージ

1、まずは頭皮のゆるみの頭頂からほぐして、頭のサイド、耳の周りと耳、首の付け根、をマッサージ、特に耳は引っ張ったり、餃子のように折ったり、耳タブを引っ張ったりしていくうちに、ぽーと気持ちいい位に温まってきます。

2、次はすぐしたのおでこの横シワの部分を縦にマッサージ、眉間の部分にプッシュ、眉毛の部分は考え事をしていると硬くなってきますので、眉をつまむようにして、柔らかくしていきます。

3、次は頬コツをプッシュ、頬コツの下の柔らかく、くぼんだ部分を下から上へプッシュします。

この三か所は硬くなりやすい部分なので、常にマッサージを心がけてみると芽の周りの筋肉も衰えの予防になるでしょう。

スポンサードリンク