日焼け後の肌の赤みや赤黒いのは顔のくすみの原因となります。

海や山に行った後は楽しかったのに、後が辛い経験を一度はされたことがあるでしょう。海や山で焼いた肌は、軽いやけどをしたのと同じ状態です。私は日焼けどころか、山でキャンプの後、植物アレルギーになって、耳の中が痒くて何年来、アレルギーで苦労した経験もあります。

赤みの原因とケア

dacce553996f8f1dff146a010e9ba3f8_s

本来お肌の赤みの原因は、「炎症」「皮膚の薄さ」「ニキビ痕」のようです。

  • 炎症は日焼け直後はほてりや赤み、痛みがある場合、まずは炎症を鎮めることが先決です。絶対にマッサージやパックはしないでください。メーキャップも控えましょう。お肌を冷やし、お肌の安静を保ちましょう。お肌の入院です。私はお花が元気が無くなると、すぐにお花を入院させます(*^▽^*)それはベッドに寝かせるようにお花を横にさせ、おふとんのように、濡れたタオルをかけてしばらく入院?させます。そうするとみるみるうちに、花びらがしっかりしてきて元気になるのです。一度試してみてください。ほとんどのお花に通用します。

 

  • お肌を入院?させた後は水分補給です。特に角質層が薄くなると、乾燥しやすくなる傾向にありますので、保湿ケアを行うように心がけてください。ミストのように霧状にして保湿を行うと擦らないでケアできます。

 

  • 皮膚が薄くなっている時は、紫外線の影響を受けてしまいやすく、逆に炎症を招いてしまうこともあるので、紫外線対策には充分気を付けましょう。紫外線は炎症を招くだけではなく、コラーゲン繊維が破壊されて、顔のくすみ、シワや老化の原因になったりもします。角質層が薄くなると、乾燥しやすくなる傾向があります。

 

  • ある程度、炎症がしずまり、水泡やむけていた皮膚がきれいに戻ったら、早く元の素肌に取り戻すために、血管保護と強化するビタミンCの配合したローションやビタミンCの多い食事を摂るように、心がけてみるのもいいでしょう。

 

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

皮膚の老化は、どれだけ紫外線を浴びたかで左右されると、いわれます。紫外線は肌に大きなダメージを与え小じわはもちろん皮膚の老化をはやめます。

また日に焼けるとすぐに黒くなる体質の人は、赤黒く見えてしまいます。もともと色黒の方も赤黒く見えますが、炎症から時間がたつと、赤黒くなりやすいので、日焼け直後のお手入れは、とても大切です。日焼け後の赤みや赤黒いのは顔のくすみの原因となります。

 

d03961a8bd5b09af99c9e3cee12a0f93_s

 

  • 赤ニキビはアクネ菌の繁殖で炎症を起こして出来るので、皮膚を清潔に保ち、マッサージなども控えましょう。

安全な洗顔のこの記事がお勧めです。

⇒「洗顔を極め、基礎からの美肌作りで洗顔料と顔のくすみ改善!」がお役に立つと思います。

スポンサードリンク