顔のくすみを改善する3秒ツボ美容法

顔のくすみの改善にツボ美容法があります。ツボを押して刺激することで、新陳代謝を促します。目や首回り、頭皮もゆっくり押すことで、スッキリしてきますので、お風呂の中でも試してみてください。

スポンサードリンク



自然と肌がきれいになる3秒ツボ美容法

e7f999cef6b59a7ca0967ee5e0a75511_s

ツボを押すことで、体の機能を調えて体の中から肌を美しくすることが出来ます。「五臓六腑」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、五臓(心、肺、肝、腎、脾)に精神面をつかさどる「心包」とで、六臓としてまた、六腑は(胆、小腸、大腸、胃、膀胱)に体温をつかさどる三焦を加えていいます。この六腑にエネルギーを注入するのが全身をめぐる経絡です。

根気よく、毎日3秒ツボ美容法

ツボはこの経絡上にあり、エネルギーの流れを円滑にして体の機能を向上させる調整点にあたります。ツボを指圧することで、体の機能を整えて、体の内側から肌をきれいにするので、根気よくお風呂の中で3秒づつ押してみてください。視野が変わるくらいスッキリします。

顔のツボはこんなに沢山あります。根気よく毎日ツボに刺激するだけでも内臓や神経、筋肉の働きを整え、お顔のたるみやくすみなど、肌の悩みにとんでもなく働きかけるでしょう。美肌などのアンチエイジングケアとしても効果的です。

461167

目のまわりのツボ

目の周りのツボは、目の疲れにも効果的なのですが、ツボを3~5秒押すことで目の下のくまや顔のくすみが薄くなり美肌の改善につながります。

  • 攅竹(さんちく)・・・・・眉頭の骨のくぼみで中指で上方に向けて押します。眼精疲労や目のむくみに、効果のあるツボです。目のまわりの血行を改善するので、顔のくすみや目尻の小じわ、疲れ目に効果的です。

 

  • 瞳子髎(どうじりょう)・・目尻から1㎝外側で、目の周囲の骨が浅く陥没した位置です。眼精疲労、頭痛のツボ
  • 四白(しはく)・・・・・・瞳孔の真下で下の瞼から指の幅一本下がったところ。顔のむくみやたるみ、疲れ目、クマを改善、筋肉を和らげ、むくみ解消します。

 

  • 清明(せいめい)・・・・・目頭から5㎜内側のツボ、やや上に向けて押します。ハリや弾力を高めます。
  • 絲竹空(しちくくう)・・・眉の外のくぼみの位置。しわやクマの解消、
  • 球後(きゅうご)・・・・・目尻の1㎝外。肌荒れ、乾燥、シワ、たるみに効果的です。

スポンサードリンク



口のまわりのツボ

  • 承漿(しょうしょう)・・・・・下唇の下のくぼんだところ。たるみに効きます。
  • 迎香(げいこう)・・・・・・・小鼻の両脇少しくぼんだところ。肌荒れ、花粉症などの鼻詰まり。
  • 地倉(ちそう)・・・・・・・・口角の外側。気の巡りをよくし若返りのつぼです。ほうれい線や顔のくすみ、食欲を抑えるのでダイエット効果のツボです。

 

  • 下関(げかん)・・・・・・・・耳の付け根の口を開け骨が持ち上がるところ。フェイスラインが綺麗になります。
  • 頬車(きょうしゃ)・・・・・・耳の付け根とえらの真ん中1㎝ほど内側口を開けるとくぼむ部分。顔のたるみやフェイスラインに効果的です。

 

  • 印常(いんじょう)・・・・・・眉間の部分。精神を落ち着かせる効果があり、眉間のしわや、はだのたるみに効果的です。

 

461168

頭皮のツボ

頭皮が堅い方で薄毛の方が比較的多い気がします。ツボ指圧や、マッサージ、ブラッシングなどが必要です。頭皮ケアをしただけで、お顔のリフトアップが起きるほど、一枚皮でお顔と頭は繋がっています。以前、体験された男性が「こんな顔、生まれて初めてかもしれない!」と驚ろいておられました。

  • 百会(ひゃくえ)・・・・・・・・頭の中心線が交わるところ。万能のツボなので、眼精疲労、肩こり、抜け毛、肌荒れ、顔のくすみや血行不良まで意識的にこのツボを刺激するといいです。
461169

耳のまわりのツボ

耳や耳の周りにも沢山のツボがあります。ご自分で指圧するだけでも変化に気付かれるかもしれません。血行が良くなってお顔まで温かくなってきますので、とても気持ちいいです。毎日耳全体を引っ張ったり、圧を入れたりするだけでも、違うので、テレビを観ながらやってみるのもお勧めです。

おへその周りのツボが効果的

毎日やっていただきたいのがお腹周り、特におへそ周りです。私が若い頃、毎日おへその周りの指圧で痩せて肌がきれいになったことがありました。だから困った時はおへそと思ってます。座っても、寝てても出来るので簡単です。

461165

上の図の天枢(てんすう)おへその両側で4㎝外方、関元(かんげん)おへその約6㎝下、中脘(ちゅうかん)おへそから約8㎝上でへそとみぞおちの中央、このツボは消化器系の働きをよくし、便秘を解消するツボなので、代謝が良くなり痩せて肌もきれいになるということです。

足のツボも大切な場所がいくつかあります。全てのツボはは足から始まり足で終わるともいわれるので、ツボは体のエネルギーの流れに沿った道筋なので、お風呂の中で一日の疲れを足から労わりたいものです。

足のツボで湧泉(ゆうせん)三陰交(さんいんこう)安眠(あんみん)は冷え対策でツボに刺激を与えると代謝が良くなりお肌の改善にもつながります。

115610

 

スポンサードリンク