顔のくすみ対策は夕方活動がお勧め!!

今年の夏は特に暑いと言われております。猛暑?いや酷暑?いずれにしろ紫外線をなるべく避けられるのであれば、避けたいものです。紫外線を気を付けたい時間は午前8時頃から夕方4時頃にかけてです。ピーク時は午前10時から14時頃ですので紫外線対策に気を配りたいものです。

スポンサードリンク



紫外線とは

894658679d842bd3371509b579609ee1_s

気象庁はからの説明ですと、太陽からの日射は、波長により赤外線・可視光線・および紫外線に分けられます。可視光線よりも波長の短いものが紫外線で、紫外線(UV)の中でも、波長の長い方からA・B・Cと大別されています。

フロン等によりオゾン層が破壊されると地上において生物に有害な紫外線(UV-B)が増加し生物への悪影響が増大することが懸念されます。

紫外線の反射率って?

紫外線は地面でどの位反射するのか?種類によって反射率は大きく異なります。

  • 新雪         80%
  • 砂浜      10~25%
  • アスファルト     10%
  • 水面      10~20%
  • 草地・土     10%以下

雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため快晴のときよりも多い紫外線が観測されることがあります。お天気によって紫外線は快晴の時と比べて、うす曇りで約80~90%、曇りで約60%、雨で30%の量なんだそうです。冬の山、スキーも紫外線が強いしゴルフも気をつけなければいけませんね。

スポンサードリンク



紫外線は標高が高いほどに強くなる?

dc3d4b9f9363ba2392b8986eafd1257f_s

標高が1000m高くなると、紫外線は約10%強くなるとされています。だから登山される方は真っ黒な日に焼けてますよね。大気が非常に澄んでいる場合などには、さらに紫外線は強くなることがあります。例えばドイツでは1000m当たり50%以上も増加したとの観測結果があるそうです。

気象庁による紫外線分布図を見ると詳しく説明されていますのでお勧めです。月最大UVインデックス(観測値)の時別累計平均値グラフもご参照ください。

と、いうことからみると、後回しに出来ることはなるべく夕方の4時以降にしたいものですね。朝のウオーキングは早めにしたり、夕食のお買い物は出来るだけ夕方にしたいものですね。

私は肌が弱いのと、日に焼けるとすぐに真っ赤になって後が大変なんです。お部屋の中にいても紫外線を浴びるわけですから、顔のくすみに気を付けたいところで夕方活動です。

お肌に優しく、最強のレィヨネホワイト&ホワイト

肌のコラーゲンを増やし、くすみ・シワ・たるみを改善にはレィヨネホワイト&ホワイトがお勧めです。最近UVクリームよ夜のナイトクリームが一つになり兼用で使えて便利です。またファンデーションがいらなくて、透明感が出てきますので顔のくすみのお手入れがとても簡単と評判の日焼け止めクリームです。

レィヨネホワイト&ホワイトはナールスゲン配合!

uv1

レィヨネホワイト&ホワイト 50g¥4500+税

ナールスゲンの働きとは

ナールスゲンは真皮に存在する繊維芽細胞の新陳代謝を促し、コラーゲン、エラスチンを作り出すチカラをよみがえらせる成分です。ナールスゲンはコラーゲン(2,3倍)、エラスチン(1,7倍)、HSP47(1,6倍)増加と科学的に証明されています。KSP47(紫外線などで傷んだ細胞を修復するタンパク質)

メラニンの排出を早め、紫外線に強い肌にします。

 

6baca71e3f87c4e0fc22c4e2abf18405_s

こちらの記事もおすすめです。

⇒「顔のくすみの改善は化粧品選びから!」へ

スポンサードリンク